忍法無情

早乙女 貢【著】

淀君が太閤秀吉の男児を出産したことで、秀吉の養嗣子・関白秀次の立場は微妙になった。一方、家康に仕えた伊賀の服部半蔵は、秀吉と秀次の離間を謀るべく、偽の"太閤の刺客"を秀次に向けて放ち、また、淀君と結ぶ野心家石田三成は、バラモンの妖法者まぼろし道人の秘術をもって、秀次暗殺の機会を窺っていた。暗雲だだよう大坂城を舞台に、豊臣の社稷と天下の帰趨は。傑作早乙女忍法帖。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 忍法無情
著作者等 早乙女 貢
書名ヨミ ニンポウムジヨウ
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1993.10.15
ページ数 281p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4198900078
NCID BA4825484X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想