父のいる町

永井 孝史【著】

父祖の地を捨て、都会を選んだ「父」に象徴される一小市民の薄い生命の流れを、「都会」と「田舎」の消長を背景に、戦争の翳を色濃く引きずる九つの作品で貫く長編小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 父のいる町
著作者等 永井 孝史
書名ヨミ チチノイルマチ
出版元 武蔵野書房
刊行年月 1993.9.10
ページ数 193p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想