インドネシア拳法シラット シンランバ派  基礎編

対木 佳史【著】

シラット(シンランバ派)の基本技を初公開。これまで日本では舞踊化したシラット(インドネシア舞踊)が、ごくわずかな人々に知られていたにすぎない。日本古武術と中国拳法を修業した著者は、ジャカルタでインドネシアの伝統武術シラットと決定的な出会いを果たす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 インドネシアについて
  • 第2章 シラットとは
  • 第3章 基礎理論
  • 第4章 基本の動作
  • 第5章 5つの基本
  • 第6章 12の動作
  • 第7章 対人用法
  • 第8章 シラットの型
  • 第9章 インパワーについて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インドネシア拳法シラット シンランバ派
著作者等 對木 佳史
対木 佳史
書名ヨミ インドネシアケンポウシラツトシンランバハ : キソヘン
巻冊次 基礎編
出版元 壮神社
刊行年月 1993.8.5
ページ数 102p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4915906094
NCID BN1330008X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想