知的財産権の保護と侵害物品の取締り : コンピュータ・プログラムに関する取締りを中心として

[目次]

  • 第1章 CIPIC創立3周年記念シンポジウム討議内容(CIPIC知的財産権研究会中間報告
  • プレゼンテーション・パネルディスカッション)
  • 第2章 CIPIC研究会中間報告書(研究の背景
  • 法律上のコンピュータプログラムの保護について
  • 海外におけるコンピュータプログラムの保護の実情について
  • 取締上の問題点)
  • 第3章 参考資料(我が国税関における知的財産権侵害物品の取締り
  • アメリカ合衆国における水際取締りの連邦法上の位置づけ
  • 合衆国税関における商標権、商号、著作権侵害物品の取締り税関規則133
  • ドイツ・欧州特許法及び著作権によるコンピュータ・プログラムの保護の可能性
  • フランスにおけるコンピュータプログラムの保護
  • 関係判例概要及び関係法規)
  • 日本関税協会知的財産情報センターの業務と役割

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知的財産権の保護と侵害物品の取締り : コンピュータ・プログラムに関する取締りを中心として
書名ヨミ チテキザイサンケンノホゴトシンガイブツピンノトリシマリ : コンピユ-タプログラムニカンスルトリシマリオチユウシントシテ
出版元 日本関税協会知的財産情報センター
刊行年月 1993.7
ページ数 178p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想