エリック・クラプトンの軌跡 : 自らの証言で綴るサウンドの秘密

藤井 美保;中山 美樹;高橋 佳代子【訳】

[目次]

  • ロック・ギタリストのスタイル確立を成し遂げた48年の軌跡
  • ギターは誰も教えてくれなかった。自分で覚えていったんだよ。
  • ブラインド・フェイスでは、僕たちの名前だけが先走ってしまった。
  • エリックはヤードバーズでも、きっとブルースにこだわってたんだ。
  • ブルースのフォーマットだったら、何も意識せずに演奏できるんだ。
  • 僕の音楽、僕の演奏はいつまでもずっと変わらないだろうね。
  • 年老いた"ブラッキー"をツアーで酷使するにはしのびなかった。
  • エリックはいつも温かさとセンスの良さを持っていたよ
  • チューニングとペダル・ボードと雨に追われたギター担当責任者リー・ディクソン。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 エリック・クラプトンの軌跡 : 自らの証言で綴るサウンドの秘密
著作者等 Clapton, Eric
中山 美樹
高橋 佳代子
藤井 美保
書名ヨミ エリツク.クラプトンノキセキ : ミズカラノシヨウゲンデツズルサウンドノヒミツ
出版元 リットーミュージック
刊行年月 1993.7.25
ページ数 181p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4845600609
NCID BN10102840
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想