恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇

菊池 寛【作】

有名な九州耶馬渓、青の洞門の伝説を小説化した『恩讐の彼方に』、封建制下のいわゆる殿様の人間的悲劇を描いた『忠直卿行状記』は、テーマ小説の創始者たる菊池寛の多くの作品中の傑作として知られる。他に『三浦右衛門の最後』『藤十郎の恋』『形』『名君』『蘭学事始』『入れ札』『俊寛』『頚縊り上人』を収める。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 恩讐の彼方に・忠直卿行状記 他八篇
著作者等 菊池 寛
書名ヨミ オンシユウノカナタニ.タダナオキヨウギヨウジヨウキホカハツペン
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1993.7.16
版表示 改版
ページ数 223p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4003106318
NCID BN01977652
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想