DNAの構造変換と機能発現 : DNAトポイソメラーゼの役割を中心として

[目次]

  • DNAジャイレースの活性を調節するタンパク質-F因子にコードされるLatAとLetDタンパク質の拮抗的作用
  • 大腸菌のDNAトポイソメラーゼ4
  • DNAの超らせん化による転写制御
  • DNA複製におけるDNAトポイソメラーゼの役割
  • 2型DNAトポイソメラーゼとDNAの損傷により誘起されるゲノム構造の変動
  • DNAトポイソメラーゼの機能発現の場としての核マトリックス
  • 哺乳動物におけるDNAトポイソメラーゼの機能-阻害剤を用いた解析を中心に
  • DNAトポイソメラーゼの機能領域(真核生物DNAトポイソメラーゼ2の機能領域
  • ヒト2型DNAトポイソメラーゼの細胞周期に応じた核内局在性の変化
  • トポイソメラーゼ1遺伝子とその機能領域)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DNAの構造変換と機能発現 : DNAトポイソメラーゼの役割を中心として
著作者等 安藤 俊夫
書名ヨミ DNAノコウゾウヘンカントキノウハツゲン : DNAトポイソメラ-ゼノヤクワリオチユウシントシテ
出版元 秀潤社
刊行年月 1993.6.15
ページ数 95p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4879621226
ISSN 02873796
NCID BN1354411X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想