糖尿病学  1993

小坂 樹徳;赤沼 安夫【編】

[目次]

  • I型糖尿病の遺伝解析-疾患感受性遺伝子と低抗性遺伝子
  • I型糖尿病発症における細胞性免疫の役割-非特異的免疫刺激によるモデル動物のI型糖尿病発症の抑制とその機序
  • II型糖尿病の成因と病態におけるインスリン作用障害
  • グルコキナーゼ異常と糖尿病
  • 糖輸送担体-構造と機能
  • ヒト・アルドース還元酵素の分子生物学
  • 蛋白グリケーションの生化学
  • アミノグアニジンによる糖尿病性細小血管症抑制の試み
  • 高血糖は動脈硬化を促進するか
  • 糖尿病と動脈硬化-リポ蛋白代謝異常の役割
  • 内皮細胞からみた糖尿病と動脈硬化
  • シンドロームX

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 糖尿病学
著作者等 小坂 樹徳
岡 芳知
菊池 方利
葛谷 健
谷澤 幸生
赤沼 安夫
金沢 康徳
門脇 孝
書名ヨミ トウニヨウビヨウガク : 1993
巻冊次 1993
出版元 診断と治療社
刊行年月 1993.5.12
ページ数
大きさ 26cm
ISBN 4787802755
NCID BN01181595
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想