白蛇斬殺剣

峰 隆一郎【著】

父の仇討ちのため藩を捨てたまま、殺し屋稼業に身を堕していた結城鬼三郎は、不治の病で己の余命が半年であると知る。織田信長が遺したとされる百万両の黄金の在り処を示す歌"みなにつゐ…"に誘われ江戸を発った鬼三郎は、体をつなぐと病の激痛が消える妖艶な比丘尼・一静を伴うことになる。運命と策謀の糸に操られ、街道を下る男の往く果ては。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白蛇斬殺剣
著作者等 峰 隆一郎
書名ヨミ ハクジヤザンサツケン
シリーズ名 広済堂文庫
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1993.6.1
ページ数 406p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4331603628
NCID BN11203515
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想