建築人間工学の限界と方向性を探る

日本建築学会【編】

[目次]

  • 第1部 建築人間工学の限界と方向性を探る(設計資料としての研究成果
  • 空間を固定して使い方を変化させる
  • 人間工学における研究対象
  • 人間工学における研究方法
  • 人間工学の方向性と研究のニーズ
  • 建築家にとっての人間工学
  • 人間工学に限界はない
  • なぜ「建築」人間工学か
  • 人間工学の方向性)
  • 第2部 再び・建築人間工学の限界と方向性を探る(研究の限界と領域
  • 人間工学と設計
  • 人間工学研究の役割
  • 弱者と人間工学
  • 人間工学のたたみ込み効果
  • 人間工学の方向性は限界にある)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 建築人間工学の限界と方向性を探る
著作者等 日本建築学会
書名ヨミ ケンチクニンゲンコウガクノゲンカイトホウコウセイオサグル
出版元 丸善
日本建築学会
刊行年月 1993.3.10
ページ数 61p
大きさ 30cm(A4)
ISBN 4818904007
NCID BN09328970
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想