認知科学の発展  Vol.6

日本認知科学会【編】

飛躍的な進歩をとげた視知覚研究を概観し、今後の研究をも展望する気鋭の論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 視覚とイメージ(認知科学における視覚とイメージ研究の動向
  • 「陰影から形状へ」のアプローチ
  • 認知発達の計算理論
  • イメージの個人差について
  • 1,2歳児の対象表現における描画活動の発達)
  • 論文(他動詞・受動・間接受動構文の認識的基盤)
  • ディスカッション(「感覚のうちになかったものは思惟のうちにはない」)
  • ショートノート(フレーム問題の疑似解決のためのヒューリスティックスとしての因果律
  • 系列外挿課題を扱うためのパターン記述言語)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知科学の発展
著作者等 乾 敏郎
山形 恭子
山田 尚勇
市川 伸一
平賀 譲
日本認知科学会
松原 仁
橋田 浩一
菱谷 晋介
黒崎 政男
宮本 健司
岡留 剛
田原 薫
早川 秀樹
書名ヨミ ニンチカガクノハツテン : 6
巻冊次 Vol.6
出版元 講談社
刊行年月 1993.4.30
ページ数 231p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4061539213
NCID BN09007230
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想