刑法各論

船山 泰範【編】

期末試験、就職試験、公務員の採用・昇格試験、そして司法試験のまとめにも最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 殺人罪
  • 傷害と暴行の区別
  • 傷害罪における故意
  • 同時傷害の特例
  • 業務上過失致死傷罪の業務
  • 単純遺棄罪
  • 保護責任の根拠
  • 偽計による監禁
  • 略取誘拐罪における営利の目的
  • 身代金誘拐罪における身代金要求の相手方〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 刑法各論
著作者等 船山 泰範
書名ヨミ ケイホウカクロン
シリーズ名 論文試験 11
出版元 学陽書房
刊行年月 1993.2.10
ページ数 253p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4313420339
NCID BN08611455
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想