フィヒテ : 存在と反省 批判的理性の基礎  上

ヤンケ ヴォルフガンク【著】<Janke Wolfgang>;隈元 忠敬;高橋 和義;阿部 典子【訳】

フィヒテ知識学とは何か。フィヒテ研究の巨匠ヤンケの名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 哲学的反省の意味と限界
  • 第1部 自我の本質 絶対的反省の解明(事行と反省
  • 自我=自我原則における確信の基礎づけ
  • 反省の弁証法
  • 方法の弁証法-演繹の中心問題
  • カテゴリーの超越論的演繹と形而上学的演繹
  • 生産的構想力-理論理性の生命形式
  • 実践的知識学-努力の演繹
  • 実存在と障害
  • 絶対的反省)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フィヒテ : 存在と反省 批判的理性の基礎
著作者等 Janke Wolfgang
阿部 典子
隈元 忠敬
高橋 和義
ヤンケ ヴォルフガンク
書名ヨミ フイヒテ : ソンザイトハンセイヒハンテキリセイノキソ : ジヨウ
巻冊次
出版元 晢書房
理想社
刊行年月 1992.11.15
ページ数 313p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想