小児科の進歩 : 小児科学年鑑  12(1992)

前川 喜平;今村 栄一【編】

[目次]

  • 分子生物学の小児科への応用
  • 保育所の諸問題
  • 展望(小児アレルギー
  • 感染症)
  • 臨床の進歩(極小未熟児の長期発達予後
  • 小児の肝移植
  • 川崎病のあゆみ ほか)
  • 臨床の実際(C型肝炎ウイルスの母子感染
  • アトピー性皮膚炎における食物除去
  • 抗てんかん薬の認知障害
  • 小児期ネフローゼ症候群における柴苓湯の併用効果 ほか)
  • 研究の進歩
  • 資料
  • 日本小児科学会の活動状況
  • 関連学会の動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 小児科の進歩 : 小児科学年鑑
著作者等 今村 栄一
前川 喜平
書名ヨミ シヨウニカノシンポ : シヨウニカガクネンカン : 12(1992)
巻冊次 12(1992)
出版元 診断と治療社
刊行年月 1992.10.25
ページ数 234p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4787802356
NCID BN0227602X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想