日本神話論考  出雲神話篇

神田 典城【著】

[目次]

  • 第1章 記紀の出雲神話形成(記紀の出雲神話の特徴-出雲と死者の世界
  • 二つの文化圏
  • 文化の辺境)
  • 第2章 記紀と出雲国風土記(記紀の成立の意義および出雲国風土記の特徴
  • オホナムチの神話-正の要素と負の要素
  • スサノヲの神話-負の要素
  • ヤマタノヲロチ神話-負の要素
  • 国引きの詞章と意宇
  • 出雲国風土記にあらわれた神話的世界観)
  • 第3章 大国主神と農耕文化(大国主神の機能
  • オホナムチと焼畑農耕文化
  • オホナムチから大国主神へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本神話論考
著作者等 神田 典城
書名ヨミ ニホンシンワロンコウ : イズモシンワヘン
シリーズ名 笠間叢書 251
巻冊次 出雲神話篇
出版元 笠間書院
刊行年月 1992.8.31
ページ数 242,14p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想