ヘルベルト・フォン・ホリヤンのモーツァルトは振るべからず

堀 俊輔【著】

指揮者としては異色の経歴を持つ著者が、今までに経験したことの数々を面白おかしく書き綴ったエッセー集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「楽語は人間の精神と音符をつなぐパイプライン」の巻
  • 「音楽家は語学力が必須」の巻
  • 「作曲家様楽譜はなるべく単純に」の巻
  • 「スコアにあるものは、すべて楽語」の巻
  • 「楽隊用語も楽語?」の巻
  • 「肩書は楽語より難しい」の巻
  • 「第九あれこれ」の巻
  • 「新年もやっぱり第九」の巻
  • 「天皇陛下を悼む」の巻
  • 「『響』か『フィル』かそれが問題だ」の巻〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヘルベルト・フォン・ホリヤンのモーツァルトは振るべからず
著作者等 堀 俊輔
書名ヨミ ヘルベルトフオンホリヤンノモ-ツアルトハフルベカラズ
出版元 カワイ出版
河合楽器製作所出版部
刊行年月 1992.10.1
ページ数 237p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4760950044
NCID BN10163448
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想