植木等のみなさんおそろいで

植木等デラックス【編】

植木等が、映画の思い出、クレージー時代、そして人生を仲間たちと語った、初の対談集。青島幸男、加山雄三、谷啓をはじめとした全22対談を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 植木屋を無責任男にしたのは僕なんだ(青島幸男)
  • 『全員集合』では懐中電灯の光で舞台をやった(いかりや長介)
  • 小津監督の仕事では映画人の誇りを知った(池部良)
  • いつまでも自分は喜劇役者だと思ってます(伊東四朗)
  • 植木さん演じる気楽な男を僕はできなかった(桂三枝)
  • やっぱり若大将は時代の先取りでした(加山雄三)
  • "おやじさん"の愛情にいつも感謝してました(小松政夫)
  • スパイダース時代にもギャグで苦労しました(堺正章)
  • ホラを吹くなら吹き当てないと(ジョージ川口)
  • それがジャズってことだよ(安部譲二)
  • お互い、映画界最後の繁栄期を見てます(高島忠夫)
  • 人生までシャレに賭けちゃうって粋だよ(立川談志)
  • 一緒にバカやってきたからここまで来れた(谷啓)
  • 前フリを『スーダラ節』でやってみましょう(玉置宏)
  • 娘よ、僕みたいな男には絶対に騙されるなよ(津川雅彦)
  • 夢はウルトラマンランドの開園!(円谷皐)
  • 子供や孫の代にも伝わりますから(毒蝮三太夫)
  • 三人娘で私が一歩抜け出てた(中尾ミエ)
  • ノリは遅いけどノッたら大胆(伊東ゆかり)
  • お隣の植木さんの家に行けばなんとかなると(中村雅俊)
  • 『釣りバカ』のルーツは無責任シリーズですよ(西田敏行)
  • 僕はやっぱり喜劇界の落第生やと思うんです(藤田まこと)
  • 植木さんは行雲流水、僕もそうありたいです(ポール牧)
  • タイミングにC調に無責任、要領はクラスで一番(三宅裕司)
  • 私、意地悪には強いけど優しさに弱いんです(和田アキ子)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 植木等のみなさんおそろいで
著作者等 植木等デラックス
書名ヨミ ウエキヒトシノミナサンオソロイデ
出版元 ファンハウス
扶桑社
刊行年月 1992.9.20
ページ数 222p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4594009980
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想