世界の穀物政策概観  1990‐91年

国際連合食糧農業機関【編】;国際食糧農業協会【訳】

[目次]

  • 第1章 世界各国の穀物政策とその展開過程(生産政策
  • 販売・在庫政策
  • 消費
  • 貿易政策)
  • 第2章 東欧及びソ連における政策(民有化と土地改革
  • 価格形成政策
  • 国内販売に影響を及ぼす施策
  • 貿易政策の改革)
  • 第3章 米国における最近の農業立法(序説と背景
  • 生産政策にとっての意義
  • 販売及び在庫の推移
  • 貿易政策上の意義)
  • 第4章 欧州共同体の単一市場と、その意義(EC政策の主な転換点
  • 変化が及ぼし得るインパクト)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界の穀物政策概観
著作者等 Food and Agriculture Organization of the United Nations
国際食糧農業協会
国際連合食糧農業機関
書名ヨミ セカイノコクモツセイサクガイカン : 1990-91
巻冊次 1990‐91年
出版元 国際食糧農業協会
刊行年月 1992.5.1
ページ数 79p
大きさ 21cm(A5)
NCID BN07821190
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想