子どもの側にたつ評価 : 到達目標例と評価文例集  小学1・2年

小川 修一;志賀 広夫;行田 稔彦【編著】

子どもの側にたつ評価は、子どもの側にたつ授業があってはじめて可能だと考えます。子どもを伸ばし励ます評価のあり方を考え、<到達目標例><自主編成の視点><評価文例>を各学年、各教科ごとに収録しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 今、なぜ評価か?
  • 2 指導要録改訂と通知表の改訂
  • 3 まず、子どもの側にたつ授業を-評価の原側を考える
  • 4 子どもを励ます到達目標例と評価文例

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの側にたつ評価 : 到達目標例と評価文例集
著作者等 小川 修一
志賀 廣夫
行田 稔彦
志賀 広夫
書名ヨミ コドモノガワニタツヒヨウカ : トウタツモクヒヨウレイトヒヨウカブンレイシユウ : 1-2
巻冊次 小学1・2年
出版元 民衆社
刊行年月 1992.8.15
ページ数 158p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4838304307
NCID BN08119181
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想