血液型性格判断からボケ予防まで : 血液の不思議  Part2

高田 明和【著】

脳のはたらきが人の心や性格を大きく支配しているのは、みなさんご存じでしょう。ところが、血液のABO型を決定する血液型物質は、不思議なことに脳には存在していません。脳には血液・脳関門という関所があって、血液成分は脳組織に入り込めないのです。人の性格を血液型でみる血液型性格判断にはいったいどういう根拠があるのでしょうか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 血液はどこでできるか
  • 第2章 酸素は巡るよ、どこまでも
  • 第3章 免疫を司どる血球
  • 第4章 狂う自己免疫
  • 第5章 血管の老化に勝つ
  • 第6章 医師が白血病と診断された時

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 血液型性格判断からボケ予防まで : 血液の不思議
著作者等 高田 明和
書名ヨミ ケツエキガタセイカクハンダンカラボケヨボウマデ : ケツエキノフシギ : 2
シリーズ名 ブルーバックス B‐927
巻冊次 Part2
出版元 講談社
刊行年月 1992.7.20
ページ数 234,4p
大きさ 18cm
ISBN 4061329278
NCID BN07862278
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想