六本木聖者伝説  魔都委員会篇

大沢 在昌【著】

東京・六本木の「佳花飯店」が爆破され、多くの死傷者がでた。和菓子屋の三代目・橋詰成人も同店の社長・宋海礼らと会食中に…。各々の父を失った橋詰海人と宋麗豊の二人。その爆破は世界規模の犯罪組織「魔都委員会」の、六本木侵攻の第一歩であり、二人の父は同委員会の侵略を阻むべく世界に散っている対抗組織のメンバーであることが臼屋老人から洩らされた。老人は言った。「まだ戦いに負けたわけではない。仲間は残っている。紹介しよう」と。この街を守る。-海人は立ちあがった。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 六本木聖者伝説
著作者等 大沢 在昌
書名ヨミ ロツポンギセイジヤデンセツ : マトイインカイヘン
シリーズ名 FUTABA NOVELS 405
巻冊次 魔都委員会篇
出版元 双葉社
刊行年月 1992.7.25
ページ数 384p
大きさ 18cm
ISBN 4575004057
NCID BA69699742
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想