大変革期における経営者の洞察力と意思決定 : 大企業経営者のインタビュー・サーベイ 1986〜1990

清水 龍瑩【著】

本書は、1986〜1990年間の大変革期に、日本の大企業経営者がどのように変革の方向を洞察し、それに対してどのような対処策・戦略を意思決定したかを正確に記録することにある。それによって現在の経営学を実証をベースに再構築すると同時に、50〜100年後の経営史・産業史の研究に資料を提供しようとするものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 経営者の洞察力と意思決定
  • 時代背景-5年間の大きな流れ
  • 社長および各界リーダーのインタビュー・サーベイ
  • 総括コメント

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大変革期における経営者の洞察力と意思決定 : 大企業経営者のインタビュー・サーベイ 1986〜1990
著作者等 清水 竜瑩
書名ヨミ ダイヘンカクキニオケルケイエイシヤノドウサツリヨクトイシケツテイ : ダイキギヨウケイエイシヤノインタビユ-サ-ベイ 1986 1990
出版元 千倉書房
刊行年月 1992.6.1
ページ数 5冊
大きさ 22cm
ISBN 4805106468
NCID BN07787547
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想