ジッドの日記  1 1889〜1911

ジッド アンドレ【著】<Gide Andr'e>;新庄 嘉章【訳】

昭和初期、わが国の文壇に衝撃的な影響を与えた、フランス二十世紀、N.R.F.の巨匠アンドレ・ジッド。その日記はきびしい自己省察の記録であるとともに、すぐれた文学論、読書ノート、またヴァレリー、プルーストら多くの同時代の文学者、出版人との交遊録として知られる、生きたフランス文学・文壇史である。ジッドの紹介者である訳者がライフワークとして取り組んだ改訳決定版。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジッドの日記
著作者等 Gide Andre
新庄 嘉章
ジッド アンドレ
書名ヨミ ジツドノニツキ : 1-1889-1911
巻冊次 1 1889〜1911
出版元 小沢書店
刊行年月 1992.6.10
ページ数 436p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想