『魚服記』殺人事件 : 太宰治の冒険

目森 一喜【著】

昭和7年、故郷の青森に向かう列車の中で燃料商店の番頭を名のる男と遭遇したことから、太宰は奇妙な連続殺人事件に関わる。一方、現代の金木の町に学生時代の後輩を訪ねた池田と江藤は、太宰の未発表作品の噂に集まった女流学者、大物右翼らともども殺人事件に巻き込まれていった…。60年の年月を経て、太宰の初期珠玉作『魚服記』の裏に隠された動乱の昭和史が明かされたとき。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『魚服記』殺人事件 : 太宰治の冒険
著作者等 目森 一喜
書名ヨミ ギヨフクキサツジンジケン : ダザイオサムノボウケン
シリーズ名 TENZAN SELECTION
出版元 大陸書房
天山出版
刊行年月 1992.6.5
ページ数 391p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4803335176
NCID BB20268630
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想