迷走法廷

和久 峻三【著】

膨大な寄付金や不正入学、脱税などでマスコミを賑わせている私立医科大の副理事長が、ホテルの一室で五億三千万円を強奪された。白昼、しかも目撃者が多く、物証などから逮捕された男は犯行を自供したが、一転、公判に入ると男は無罪を主張した。その男の弁護人として"法廷荒し"の異名をとる猪狩文助が登場したことにより法廷は混乱に陥った。一筋縄ではいかない老獪な古狸と名検事の迫力ある応酬。そして事件のカギを握る謎の女。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 迷走法廷
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ メイソウホウテイ
シリーズ名 天山文庫
出版元 大陸書房
天山出版
刊行年月 1992.6.5
ページ数 319p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4803335184
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想