十和田十字殺人伝説

生田 直親【著】

キリスト渡来伝説の残る青森県十和田湖地方の迷ケ平で、額に十字が刻まれた首吊り死体を発見した飯縄忍法の伝承者蟇目仁人。だが、その死体が忽然と消えた!?額の十字から伝説の謎を追い大湯の環状列石へ向かった仁人の前に現われた青い瞳の少女と彼女を撮影したカメラマンの死。ダビデの紋章が息づく秘境で奇怪な事件に巻き込まれた仁人は、ついに列石の配置にある啓示を読み取ったが…?歴史の歪みに隠された黄金伝説が呼んだ惨劇。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十和田十字殺人伝説
著作者等 生田 直親
書名ヨミ トワダキリストサツジンデンセツ
シリーズ名 天山文庫
出版元 大陸書房
天山出版
刊行年月 1992.6.5
ページ数 211p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4803335206
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想