新たのしくわかる理科6年の授業

玉田 泰太郎【著】

6年の理科教育で、重要な内容は何か、それをどう教えるか、をわかりやすくしめす。精選した内容を教科書の進度にあわせて整理し自主教材をゆたかに盛り込んで配列。"理科に弱い先生"でも、授業をたのしくわかるようにできるコツを教える。すぐに役立つ授業書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 何が重要な内容か(内容はより少なく、教材はより豊かに
  • 生物は「栄養をとり」「ふえる」
  • ヒトのからだ
  • 物質の変化をさぐる)
  • 2 年間指導計画をどう組むか(指導要領の検討と指導計画編成の視点
  • 年間計画-教材再構成の試み)
  • 3 授業をどう進めるか(生物のくらしとからだ
  • 物質の変化をさぐる
  • 電流のはたらき
  • その他の内容・教材をどう扱うか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新たのしくわかる理科6年の授業
著作者等 玉田 泰太郎
書名ヨミ シンタノシクワカルリカ6ネンノジユギヨウ
出版元 あゆみ出版
刊行年月 1992.5.15
ページ数 222p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4751914448
NCID BN0827413X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想