機密への旅路 : 永遠のフィレーナ  6

首藤 剛志【著】;高田 明美【絵】

灯台の光を目指して旅を続けるフィレーナは、砂漠のオアシスにたどりつく。そこでフィレーナは肉体を持たない精神だけの生命体「森の民」と出会う。じつは彼らの存在そのものが帝国機密であり、彼らの口から語られたデビス帝国の成り立ちはフィレーナを絶望の淵へと追いやった。一方、帝国人民心理更正病院に収容されたネストもそこで帝国の成り立ちを知る。帝国成立の裏に隠された大いなる計画とはいったい何なのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 機密への旅路 : 永遠のフィレーナ
著作者等 高田 明美
首藤 剛志
書名ヨミ キミツヘノタビジ : エイエンノフイレ-ナ : 6
シリーズ名 アニメージュ文庫
巻冊次 6
出版元 徳間書店
刊行年月 1992.4.30
ページ数 224p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4196696554
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想