認知科学の発展  Vol.5

日本認知科学会【編】

高まりつつあるインタフェースへの関心にこたえた本特集は、インタフェースの技術・文明論的研究から、ユーザの認知課程の研究、インタフェースの開発の実際まで、認知科学的アプローチを試みた論文集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 特集 インタフェース(インタフェースの認知科学的諸問題
  • ヒューマン・インタフェースは異文化交流の場である
  • ヒューマンインタフェースと情報の構造
  • コンピュータネットワーク利用場面における他者の役割
  • 製品開発におけるインタフェース評価)
  • 論文(Adaptive Junctionの内部表現
  • 一般学習機構を用いた言語獲得の計算機モデル)
  • ショートノート(シミュレーション・プログラム作成の思考過程)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 認知科学の発展
著作者等 中島 秀之
佐伯 胖
安西 祐一郎
市川 伸一
日本認知科学会
松原 仁
海保 博之
田村 浩一郎
野島 久雄
錦見 美貴子
井関 治
味岡 義明
宮井 均
旭 敏之
竹市 博臣
阪谷 徹
書名ヨミ ニンチカガクノハツテン : 5
巻冊次 Vol.5
出版元 講談社
刊行年月 1992.5.10
ページ数 218p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4061539167
NCID BN07544206
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想