地涌からの通信 : 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う

不破 優【著】

[目次]

  • 相伝の最重要事は戒壇の大御本尊様を本化国主に伝えること、「相伝」を猊座神秘主義を補完する言葉としてはならない
  • 日顕の相伝を否定してきた『文春』に日顕自らが登場する、悩乱し怨念のみで行動する売僧の無節操さを皆で笑おう
  • 日蓮正宗重役の早瀬を死をもって諌めた法華講幹部がいた、僧を信じ人生を懸けたが結局は利用され騙されていたのだ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地涌からの通信 : 日蓮正宗中枢の傲慢と戦う
著作者等 不破 優
書名ヨミ ジユカラノツウシン : ニチレンシヨウシユウチユウスウノゴウマントタタカウ
出版元 はまの出版
刊行年月 1992.3.19
ページ数 254p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4893611364
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想