部落への誇りを胸に : 女性として、母として

部落解放研究所【編】

本書は、部落解放運動だけでなく、家庭を支え、子どもを支えてきた部落の女性の方々に、みずからの生い立ち、運動への目覚め、その中でのさまざまな苦労や悩み、そして現在の思いなどを率直に語っていただきました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子どもたちの結婚 上野昭代
  • 険しければ、険しいほど、ええねん 大川恵美子
  • 三重苦をのりこえて 河口恵美
  • 家族が支えてくれた闘争 川本龍子
  • 解放運動に入ることがなかったら 北山俊乃
  • なぜ運動に反対したのかなぁ 高鳥イチ
  • 子や孫の未来のために 田中フデ
  • 差別する側こそ不幸な人々 花岡かづえ
  • 部落出身であることを誇りに 宮沢志ず子
  • 日常の暮らしの中の部落解放 森田益子

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 部落への誇りを胸に : 女性として、母として
著作者等 部落解放研究所
書名ヨミ ブラクヘノホコリオムネニ : ジヨセイトシテハハトシテ
出版元 解放出版社
刊行年月 1992.2.20
ページ数 251p
大きさ 19cm(B6)
NCID BN07652876
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想