新美南吉を授業する

西郷 竹彦【編】

南吉については、児童文学の世界のみならず、国語教育、文芸教育の分野でも、多くの教材研究・授業実践記録が発表されています。文芸研では、「人間観・世界観を育てる」というメインテーマのもとに、研究と実践をつみかさね、さらに、「美と真実をもとめて」というテーマに発展させたことと関連して、本号では、南吉の作品を、この観点から新たに照明をあててみようと考えました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 南吉の世界に美と真実をもとめて
  • 美と真実を求めて
  • 文学の授業では何を教えるのか
  • 感動の体験をこそ
  • 大槻・浜本・藤原三氏の批判に対して
  • 「ひとつの火」の授業
  • 「ひとつの火」の授業は何を提起しているか
  • 南吉の代表作は名作か
  • 南吉作品の「毒」と子ども観
  • 「ごん狐」の魅力-意味の重層性
  • 「天国」の授業
  • 「花のき村と盗人たち」の授業
  • 「うた時計」の授業
  • 「手」の授業
  • 新美南吉から何を学ぶか
  • 文芸研の新美南吉研究史
  • 新美南吉作品の変遷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新美南吉を授業する
著作者等 西郷 竹彦
書名ヨミ ニイミナンキチオジユギヨウスル
出版元 明治図書出版
刊行年月 1992.2
ページ数 180p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4186334072
NCID BB13923350
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想