やさしい統計学 : 保健・医学・看護関係者のために

片平 洌彦【著】

[目次]

  • 統計学はどう役立つか(がんの場合
  • 水俣病の場合
  • サリドマイドとスモン)
  • 少ないデータからモノ申すには?
  • データを要約して表すには?
  • 標本の平均・標準偏差から母集団のそれらを推定するには?
  • 標本平均値の分布はどんな特徴をもつか?
  • 標本平均から母平均の存在範囲を推定するには?
  • 標本比率から母比率を推定するには?
  • 検定は何のためにどのような考え方で行うのか?
  • 2つの比率・平均値の差が「有意である」と言うためには?
  • 2つの量的データの関係を解明するには?
  • 2つの質的データの関係を解明するには?
  • 分布の種類と並外れた数値を見きわめるには?
  • 母集団の分布が不明な時の検定法は?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 やさしい統計学 : 保健・医学・看護関係者のために
著作者等 片平 洌彦
書名ヨミ ヤサシイトウケイガク : ホケンイガク.カンゴカンケイシヤノタメニ
出版元 桐書房
刊行年月 1992.2.10
ページ数 171p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4876471630
NCID BN07297967
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想