波涛 : わが電気・電子研究60年

山口 次郎【著】

電気から電子へ-。飛躍的に発展をとげた工学畑で半導体開発など常に先端技術を研究、斯界をリードし続け、また大阪大学工学部・基礎工学部教授、関西大学工学部長、摂南大学学長などの要職を歴任、教育家としても大きな足跡を残した著者自ら綴る激動の人生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 揺籃期-大阪高等工業学校卒業まで
  • 2 希望と挫折-通信省電気試験所
  • 3 わが青春-大阪工業大学学生時代
  • 4 研究者としての試練-電気協会電気計器大阪試験所
  • 5 終戦前後と大阪大学での研究
  • 6 トランジスタの発明と半導体工学
  • 7 半導体素子に関する山口研究室の成果
  • 8 阪大基礎工学部
  • 9 阪大定年退官と回顧
  • 10 私学の特徴-関西大学工学部
  • 11 大学の発展-摂南大学時代
  • 12 企業瞥見
  • 13 最近の動静

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 波涛 : わが電気・電子研究60年
著作者等 山口 次郎
書名ヨミ ハトウ : ワガデンキ.デンシケンキユウ60ネン
出版元 三田出版会
刊行年月 1991.12.18
ページ数 239p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4895830926
NCID BN07070757
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想