日本の醤油

川田 正夫【著】

醤油のない日本家庭はないはず。それどころか今や世界の調味料なのに、意外なほど知られていません。醤油の歴史、食文化との関わりから本格醤油と一般醤油の遺い等、日本最古の本格醤油「尼の生揚(あまのきあげ)」保存会がすべてに答えます。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 醤油の源流を探る(醤油前史
  • 湯浅醤油<〓による未醤の伝来>
  • 味噌玉醤油<溜まり醤油>の伝来と発祥
  • 酒造を中心とするわが国醸造産業の勃興
  • こうじカビ文化の勃興)
  • 2章 日本文化に育まれた「醤油」(外国人の見た江戸時代の日本の技術と文化
  • 江戸時代における日本醤油の海外進出
  • 本格醤油<日本醤油>への道)
  • 3章 本格醤油の誕生と発展(本格醤油の出現
  • 本格醤油とこうじ造り
  • 近世における醤油産業の進歩)
  • 4章 尼崎と醤油(京印大塚本家商店
  • 尼の生揚げ醤油
  • 日本醤油醸造株式会社事件)
  • 5章 生きている「醤油」を支えるもの(微生物と醤油
  • カビ毒と醤油
  • 醤油関連産業概説)
  • 6章 そして今、醤油は…(世界の醤油様液体調味料概説
  • 醤油の科学
  • 現在の日本醤油)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の醤油
著作者等 川田 正夫
書名ヨミ ニホンノシヨウユ
出版元 三水社
刊行年月 1991.12.20
ページ数 199p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4915607534
NCID BN07268925
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想