雨の夜の殺意

大谷 羊太郎【著】

小さな喫茶店を営む相田貫一郎の元に差出人のない封筒が届いた。開封して相田は驚愕した。自分が常用している電話番号リストが入っていたのだ。落としたのはあの夜しかない、雨の中で死体を処理した日…。見えぬ相手に脅える相田は、送り主の到着確認電話を勘違いし、五十万円払ってしまう。一方、親切心から封筒を送った波川美紀は、訳が分からぬまま金を受け取る。が、なんと中の一枚には自分が落書して母親に用立てたものが混じっていた。悪戯と偶然が重なり、思わぬ事件に巻き込まれた美紀。殺人者の葛藤と意外な結末を描く長編サスペンス。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 雨の夜の殺意
著作者等 大谷 羊太郎
書名ヨミ アメノヨルノサツイ
シリーズ名 広済堂ブルーブックス
出版元 廣済堂出版
刊行年月 1992.1.10
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4331054934
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想