和解無効の研究 : 判例分析を中心に

東京弁護士会親和全期会訴訟技術研究会【編】

何故和解の効力が争われたのか。何故それを事前に防止できなかったのか。百数十例の裁判例をもとに和解の効力が争われないためのポイントを徹底解明。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解説の部(錯誤に基づく和解無効
  • 和解の効力の範囲と和解条項の解釈
  • 合意の不成立)
  • 判例の部(錯誤に基づく和解無効
  • 和解の効力の範囲と和解条項の解釈
  • 合意の不成立)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 和解無効の研究 : 判例分析を中心に
著作者等 東京弁護士会親和全期会訴訟技術研究会
書名ヨミ ワカイムコウノケンキユウ : ハンレイブンセキオチユウシンニ
出版元 商事法務研究会
刊行年月 1991.12.12
ページ数 493p
大きさ 21cm(A5)
ISBN 4785705884
NCID BN07117486
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想