文人短歌 : うた心をいしずえに  2

今西 幹一【編著】

近・現代の小説家、詩人の文学的世界で短歌はどのような役割をになったか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 林芙美子の短歌-放浪と生来の感覚
  • 樋口一葉の短歌-花よしばしと物いそぎする
  • 堀口大学の短歌
  • 三浦綾子の短歌-不幸という木に咲いた花
  • 三島由紀夫の短歌-詩的世界からの開花
  • 宮沢賢治の短歌
  • 三好達治の短歌
  • 室生犀星の短歌-<いのちのうた>として
  • 森鴎外の短歌-中期文学活動への一視点
  • 保田与重郎の短歌-神々との相聞

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文人短歌 : うた心をいしずえに
著作者等 今西 幹一
書名ヨミ ブンジンタンカ : ウタゴコロオイシズエニ : 2
巻冊次 2
出版元 朝文社
刊行年月 1992.1.5
ページ数 267p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4886950531
NCID BN07504493
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想