ゆきの おおい まち

倉沢 達雄【編著】

「ゆき」のつくことばで、いちばんよくしっているのは、「ゆきがっせん」?「ゆきだるま」?ゆきがふるのは、たのしいこと?ゆきのふるまちは、童話にもでてくるようなおとぎのせかい?一年に六か月も、ゆきにとざされて、ときには、4メートルいじょうもつもることのあるまちがある。そんなゆきのまちだったらどうだろう。小学校1〜2年生向。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • たかいかべのようなゆき
  • ゆきとともだち
  • たいいくはスキー
  • ながぐつのはいるくつばこ
  • あたたかいおべんとう
  • そよかぜタイム
  • ゆきのつくことば
  • ゆきがないとつまらない
  • 山菜づくりのまち
  • 生活科学習の手引き

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゆきの おおい まち
著作者等 中野 重人
倉澤 達雄
倉沢 達雄
書名ヨミ ユキノオオイマチ
シリーズ名 生活科いきいき体験シリーズ 3
出版元 PHP研究所
刊行年月 1991.11.19
ページ数 39p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4569585108
NCID BN07331023
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想