台湾は中国の一部にあらず : 台湾社会発展四百年史

史 明【著】〔シ メイ〕;志賀 勝【訳】

高揚する台湾独立運動の根拠を、歴史的に説き明かし、「一つの中国」論になじんだ日本の世論に再考を迫る情熱の歴史物語。-分権独立の動きは世界を揺るがす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 台湾の黎明
  • 第2章 オランダ帝国による重商主義専制下の植民地支配
  • 第3章 鄭氏王族と清王朝封建専制による植民地支配
  • 第4章 日本帝国主義支配下の植民地支配
  • 第5章 中国・蒋政権の植民地支配-軍閥・ファッショ特務帝国主義
  • 第6章 台湾における革命運動

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 台湾は中国の一部にあらず : 台湾社会発展四百年史
著作者等 志賀 勝
史 明
書名ヨミ タイワンハチユウゴクノイチブニアラズ : タイワンシヤカイハツテンヨンヒヤクネンシ
シリーズ名 PQブックス
出版元 現代企画室
刊行年月 1991.12.10
ページ数 350p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想