芭蕉探訪  関東・東北編

清水 杏芽【著】

関東は芭蕉が20年間居住した地にして、「鹿島詣」の千葉県、茨城県、江戸出入の際の神奈川県、「おくのほそ道」の東京都、埼玉、栃木県と東北五県、特に江戸は20年間の居住地であり第二の故郷として重要な土地である。この地方の足跡を探りその文芸の成立を確め俳句、紀行文、連歌の真随に触れる。写真百余枚により三百年経ての現在を示し、詩の真実の裏付けとする。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芭蕉探訪
著作者等 清水 杏芽
書名ヨミ バシヨウタンボウ : カントウトウホクヘン
巻冊次 関東・東北編
出版元 沖積舎
刊行年月 1991.10.30
ページ数 256p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4806040258
NCID BN05701686
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想