育種学最近の進歩  第32集

日本育種学会【編】

[目次]

  • 第1部 これからの育種学を考える(日本の育種研究への期待-これからの育種学のために
  • 大学における育種学研究教育体制
  • 民間企業における育種戦略
  • 遺伝子科学と育種
  • カンショ育種の指向してきたもの
  • 育種-研究と実践
  • 総合討論)
  • 第2部 熱帯作物の育種的アプローチ(作物の生理的特性からみた沖縄の農業
  • 沖縄におけるサトウキビ交雑育種の現状と展望
  • 生果用パインアップル育種の現状と将来展望
  • ギニアグラスの導入とアポミクシス育種法の確立
  • マングローブの二、三の特徴と造林の可能性
  • 熱帯作物の放射線育種とバイオテクノロジー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 育種学最近の進歩
著作者等 日本育種学会
書名ヨミ イクシユガクサイキンノシンポ : 32
巻冊次 第32集
出版元 養賢堂
刊行年月 1991.10.15
ページ数 153p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 4842591099
NCID BN0698265X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想