アフガン ガンダーラ : こころと歴史の旅

安田 礼子【著】

ソ連軍侵入直前のアフガニスタンの旅(1979年)。そしてガンダーラ再訪(1990年)-。不毛の砂漠とも思える地帯に核印された仏教美術・イスラム文化の粋と、そこに生きる民衆との深い交感を描いた感動の旅の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アフガニスタンと私
  • 政府と反政府
  • 旅立ち
  • アフガニスタン国境まで
  • シルクロードとカレーズのこと
  • バーミアンまで
  • バーミアンの石仏
  • バーミアンの一家の招待
  • シャーリー・ゴルゴラの丘
  • バンディ・アミール
  • プリフムリまで
  • バルフまで
  • マザリ・シャリフのモスク
  • イスラム教について
  • タシクルガンからカーブルへ
  • ヘラートまで
  • カーブルへ戻る
  • 再びガンダーラへ
  • 仏陀の姿が描かれるまで
  • ガンダーラ美術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフガン ガンダーラ : こころと歴史の旅
著作者等 安田 礼子
書名ヨミ アフガンガンダ-ラ : ココロトレキシノタビ
出版元 影書房
刊行年月 1991.10.25
ページ数 239p
大きさ 19cm(B6)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想