みなし法人課税廃止論と中小企業税制

播 久夫【著】

本書は、青色申告制度の創設と特典の推移から、みなし法人課税創設の経緯を述べ、その廃止論と是認論を紹介しつつ、問題点の正しい認識を訴えるものである。さらに、個人企業・法人企業に共通した中小企業税制、特に税調答申にみられる「小規模企業税制」創設の構想にも言及し、具体的に「青色事業主勤労所得控除」の創設を提唱するなど、中小企業税制のあり方に対する、著者の体験的税制改正論である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 法人成りと租税回避
  • 第2章 中小企業と同族会社・一人法人
  • 第3章 みなし法人課税制度創設の経緯
  • 第4章 みなし法人課税制度廃止論の推移
  • 第5章 不公平税制論議とみなし法人課税
  • 第6章 みなし法人課税制度廃止と対応策
  • 第7章 法人企業・個人企業・サラリーマンとの調整

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 みなし法人課税廃止論と中小企業税制
著作者等 播 久夫
書名ヨミ ミナシホウジンカゼイハイシロントチユウシヨウキギヨウゼイセイ
出版元 中央経済社
刊行年月 1991.10.15
ページ数 188p
大きさ 19cm(B6)
ISBN 4502716235
NCID BN07102842
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想