パリ・一九六〇

龍野忠久 著

アルジェリア紛争に激動した1960年のパリ。戦後の熱い体験を生きた著者にとっても、それはひとつの時代の決着への喘ぎであった。その後の高度経済成長が破綻した現在、鎮魂の思いで描きだされる遥かな日々の記録は、読む者をして失なうことの苦い甘さを蘇えらせるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグに代えて-戦中・戦後・ぼく
  • 寄港地で拾わされた二つの話
  • 深夜パリ警察にパクられた話
  • 一風も二風も変っているパシュ家の話
  • ウマ好きの梅田晴夫氏とウマが合った話
  • トロンシュ通りの下宿の優しかったマダムの話
  • パリの花嫁学校の話
  • 田舎の貴族の館の話
  • またまたフランスのお婆さんの話
  • 公園とは何かを探し求めたわけではない話
  • 特別製の笑顔に渋い顔をさせられた話
  • 忘れ去れないシャンソン酒場「地下牢」の話
  • 長谷川一夫がフランス語をしゃべった話
  • エピローグに代えて-二人の恩師

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリ・一九六〇
著作者等 龍野 忠久
書名ヨミ パリ ・ センキュウヒャクロクジュウ = Paris ・ 1960
書名別名 Paris・1960

Pari ・ senkyuhyakurokuju
出版元 沖積舎
刊行年月 1991.10
ページ数 196p
大きさ 20cm
付随資料 12p.
ISBN 4806040266
NCID BN06846516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22993597
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想