作業者による放射性核種の摂取の限度 追補  Part4

日本アイソトープ協会【編】

本書は、ICRP専門委員会2がまとめた、ネプツニウム等の核種の年摂取限度(ALI)および誘導空気中濃度(DAC)をまとめた報告書で、その計算の根拠となった代謝データは1986年に発表されたものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ネプツニウム
  • プルトニウム
  • アメリシウム
  • キュリウム
  • バークリウム
  • カリホルニウム
  • アインスタイニウム
  • フェルミウム
  • メンデレビウム
  • 他の放射性核種

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 作業者による放射性核種の摂取の限度 追補
著作者等 日本アイソトープ協会
書名ヨミ サギヨウシヤニヨルホウシヤセイカクシユノセツシユノゲンドツイホ : 4
巻冊次 Part4
出版元 丸善
日本アイソトープ協会
刊行年月 1991.9.10
ページ数 47p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想