砂糖菓子の家

河村 典【著】

情熱家の苳子。芯の強い絵里。その中間の夢菜。両親を亡くして二年後、末っ子の夢菜の大学進学をきっかけに、花田家の三姉妹は、べつべつに幕らし始めた。夢菜は大学生活を楽しみ、絵里は援助を受けながら大好きな絵に打ちこみ、苳子は新事業に野心を燃やす。三人三様の生活、そして恋は、つまずきながらも進みだしたのだが…。三姉妹のピュアな絆を、白い花水木の絵によせて、軽やかな筆致で描く感動作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 砂糖菓子の家
著作者等 河村 典
書名ヨミ サトウガシノイエ
シリーズ名 ホワイトハート
講談社X文庫
出版元 講談社
刊行年月 1991.9.20
ページ数 204p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4062550318
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想