福祉コミュニティを拓く : 大都市における福祉コミュニティの現実と構想 「福祉コミュニティ構想」研究委員会報告書

東京都社会福祉協議会福祉コミュニティ構想研究委員会【編】

[目次]

  • 第1部 福祉コミュニティを考える(福祉コミュニティへの視点
  • いま、なぜ福祉コミュニティなのか
  • 福祉コミュニティを担う新しい主役たち
  • 激しさをます大都市中心地の地殻変動
  • 地域の「衰退化」を「成熟化」に読みかえると
  • 先駆的な住民運動のその後
  • 「もう一つの国際化」の側面
  • 民間ボランティア組織の諸活動
  • 事例を読み解くと)
  • 第2部 福祉コミュニティの現場から(障害者仲間の自立を自らの手で築く
  • 障害児・者と共に生きる地域づくりをめざす福祉施設
  • 住民相互による"困った時の助け合い"システム ほか)
  • 第3部 福祉コミュニティをすすめるために(福祉コミュニティの内実とは
  • 福祉コミュニティの連続と断絶
  • 福祉コミュニティを支える人
  • 福祉コミュニティを支える組織
  • 福祉コミュニティを支えるシンボル「施設・装置」
  • 福祉コミュニティを支える「公」と「私」
  • 福祉コミュニティを支える「社協」組織)
  • 第4部 福祉コミュニティへのメッセージ-研究会委員のフィールドノートから(市民主導による支援のネットワーク
  • 「もやい」のまちづくり
  • 人・活動・組織のなにげない出会い
  • 実践的な課題、目標としての福祉コミュニティ
  • 新しい共同社会としての福祉コミュニティ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 福祉コミュニティを拓く : 大都市における福祉コミュニティの現実と構想 「福祉コミュニティ構想」研究委員会報告書
著作者等 東京都社会福祉協議会福祉コミュニティ構想研究委員会
書名ヨミ フクシコミユニテイオヒラク : ダイトシニオケルフクシコミユニテイノゲンジツトコウソウフクシコミユニテイコウソウケンキユウイインカイホウコク
出版元 東京都社会福祉協議会
刊行年月 1991.3
ページ数 296p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想