風よ吹け! : 在宅介護 信州からのメッセージ

"在宅介護"ってなんだろう?人生の延長として老いの季節をいきいきとすごしたいと願うとき、きっと誰かの手が必要になる-。高齢化がすすむ信州で、いま介護と向きあう介護者・専門家が、安心して老いるための"新しい在宅介護"への道を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「在宅介護」ってなに?
  • 2 小さな声
  • 3 医療と看護の現場から
  • 4 医療と福祉の間で
  • 5 介護を応援する立場から
  • 6 在宅介護を支える施設・制度は
  • ルポ 痴呆性老人専門ホーム"きらく苑"
  • 7 街と人の中で生きる
  • 座談会 90年代ど・う・す・る在宅介護
  • 「在宅介護・高年生活について」の意識調査

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風よ吹け! : 在宅介護 信州からのメッセージ
書名ヨミ カゼヨフケ : ザイタクカイゴシンシユウカラノメツセ-ジ
シリーズ名 いきいきにんげん宣言 2
出版元 銀河書房
刊行年月 1991.8.3
ページ数 307p
大きさ 21cm(A5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想