豊かな"まちづくり"を進めるための公共輸送のあり方に関する事例調査報告書

全国各地域において、豊かで住みよい環境づくりを目指した"まちづくり"が展開されている。これら豊かな"まちづくり"を進めるなかで、鉄道やバス等公共輸送を中心とした交通機能は、重要な役割を果たすことが期待されている。このため"まちづくり"を進めるにあたっては、地域社会における交通機能の位置づけを把握し、交通機関の的確な配置、バス等路線網の再編成等公共輸送の整備・充実を図ることが重要な課題となっている。本調査は、平成元年度における鉄道駅等を中心とした"まちづくり"の事例調査に引き続き、全国各地において進められてきた"まちづくり"のなかから、大学移転、テーマパーク開設等の大規模な施設の整備を中心とした事例を選び、そのなかで公共輸送を中心とする交通機能を果たす役割について調査、整理したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 調査概要
  • 大規模スポーツ施設の設置と周辺整備-道立野幌総合運動公園他
  • 医大・付属病院の移転とバス輸送-福島県立医大他
  • 県庁移転とバス輸送網の整備-新潟県庁
  • 学園都市の形成と公共輸送-大学の移転と公共輸送(中央大学他)
  • スポーツ・レクリエーシュン施設の整備と公共輸送-名古屋市総合体育館
  • 大学等の移転と公共輸送-神戸研究学園都市形成と公共輸送
  • 県立病院の移転と防府のまちづくり-山口県立中央病院他
  • 動物園の移設と公共輸送-とべ動物園他
  • 大規模テーマパークの整備と公共輸送-長崎オランダ村他
  • 大学の移転と公共輸送-琉球大学他

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 豊かな"まちづくり"を進めるための公共輸送のあり方に関する事例調査報告書
書名ヨミ ユタカナマチズクリオススメルタメノコウキヨウユソウノアリカタニカンスルジレイチヨウサホウコクシヨ
出版元 運輸経済研究センター
刊行年月 1991.3
ページ数 155p
大きさ 26cm(B5)
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想